値上がりでも値下がりでも取引のチャンス

売りから始めることもできるから、下げ相場でもチャンスがある

くりっく株365は相場の値上がり局面でも値下がり局面でも利益を追求することができます。
「安く買って、高く売る(決済する)」「高く売って、安く買い戻す(決済する)」ことで、その差益金を狙えます。
ただし、思惑と逆に相場が動いた場合には、同じだけ差損金が発生するので注意が必要です。

買いから始める

売りから始める

売買損益の計算方法

くりっく株365の売買損益は、次の式にあてはめて計算します。

売買損益=(ポジションを売った価格-ポジションを買った価格)×100倍×ポジション枚数

  • 取引には別途、手数料がかかります。

日経225証拠金取引が20,000円のとき、1枚買う(買いポジションをもつ)

1枚=倍率100倍→取引金額は200万円

買いポジションをもつ

⇒その後、価格が100円上昇したとき(20,100円のとき)に売り決済した場合
(20,100-20,000)×100(倍)×1(枚)=+10,000円 売買

⇒その後、予想に反して相場が下がり、100円下落したとき(19,900円のとき)に売り決済した場合
(19,900-20,000)×100(倍)×1(枚)=-10,000円 売買

日経225証拠金取引が20,000円のとき、1枚売る(売りポジションをもつ)

1枚=倍率100倍→取引金額は200万円

売りポジションをもつ

⇒その後、価格が100円下落したとき(19,900円のとき)に買い決済した場合
(20,000-19,900)×100(倍)×1(枚)=+10,000円 売買
⇒その後、予想に反して相場が上がり、100円上昇したとき(20,100円のとき)に買い決済した場合
(20,000-20,100)×100(倍)×1(枚)=-10,000円 売買

  • 上記は、売買損益に関する例で、手数料、配当相当額、金利相当額は含まれておりません。

ポジション別の取引損益計算式

くりっく株365は、配当相当額と金利相当額の受け払いがあります。また、取引には手数料がかかりますので、くりっく株365の取引損益は次のように計算します。

買いポジションの場合

取引損益=売買損益ー金利相当額+配当相当額ー手数料

売りポジションの場合

取引損益=売買損益+金利相当額ー配当相当額ー手数料